【小石川②】小日向八幡坂町

町名:小日向八幡坂町

読み方:こびなたはちまんざかちょう Kobinata-Hachimanzakachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年5月

冠称:「小日向」

後身:小日向台町

現町名:文京区小日向二丁目

概要:もとは小日向村のうち。町屋が許された年代は不明。1713(正徳3)年から町奉行・代官両支配となる。町名は町の西側の大日坂を昔、「八幡坂」と称していたことによる(備考)。1655(明暦元)年まで下総関宿藩久世氏邸内に田中八幡宮があったので「八幡坂」と称していたが、八幡宮の移転後は妙足院の大日堂に因んで「大日坂」と称されるようになった(備考)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年5月、小日向台町のそれぞれに編入となり消滅。現行の小日向二丁目のうち。

撮影場所:小日向八幡坂町

撮影地:文京区小日向二丁目10番8号(民家)

小日向五軒町 ヲナンドマチ

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼