【浅草②】浅草六軒町

町名:浅草六軒町

読み方:あさくさろっけんちょう Asakusa-Rokkenchō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「浅草」

後身:浅草清島町

現町名:台東区元浅草二丁目(入会地だった地域は除く)

概要:寛永寺領。もと武家地であったが、1698(元禄11)年、火災に遭って収公された屏風坂下六軒町の代地となり、元地の町名を従唱して成立。屏風坂下六軒町の代地は神田・下谷にも給された町奉行支配であった。開山堂の祭儀には町役として用を勤め、開山堂定式掃除人足を出したが、その人足は背に「開」の字、襟に「山」の字の入った袢纏を着用する決まりであった(備考)。1828(文政11)年の家数58軒(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、浅草清島町に編入となり消滅。現行の元浅草二丁目のうち。

撮影場所:浅草六軒町

撮影地:台東区元浅草二丁目10番5号(日の出湯)

浅草新寺町通車坂町 御徒町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼