【浅草②】浅草坂本町

町名:浅草坂本町

読み方:あさくささかもとちょう Asakusa-Sakamotochō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:「浅草」

後身:浅草松葉町

現町名:台東区松が谷一丁目

概要:下谷坂本町の代地として給された地域であるが、起立年代は不詳。下谷坂本町が東叡山寛永寺領であったので、代地のこの浅草坂本町も同寺領として寺社奉行支配下にあったが、1745(延享2)年に町奉行支配となった。新堀川沿いの地は、朝鮮通信使来朝の際、東本願寺を宿舎としたので、小屋掛けして賄人足等の詰所とした。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、隣接の浅草浅留町と合併して浅草松葉町に編入となり消滅。現在の松が谷一丁目、台東区立松葉公園の一部。近隣を「堂前」と通称したが、寛永期(1624~1645年)に深川に移転するまで三十三間堂があったことに由来する。

撮影場所:浅草坂本町

撮影地:台東区松が谷一丁目12番6号(台東区立松葉公園)

御徒町 浅草浅留町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿