【本所 小路】両国東広小路

小路名:両国東広小路

読み方:りょうごくひがしひろこうじ Ryōgoku-Higashi-hirokōji

区分:小路

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:墨田区両国一丁目

概要:明暦の大火(明暦3年旧暦1月18~20日(1657年3月2~4日)をきっかけに、1660(万治3)年、両国橋が架橋された。「東岸が下総国であったたため両国橋と名付けられた」と信じられているが、本所が下総国であったはずがない。

西から見て新開地の東両国は「向こう両国」と呼ばれた。東詰には明暦の大火の焼死者を葬った回向院が建てられ、境内では勧進相撲が行われた。見世物小屋や食べ物屋の屋台が軒を連ねる繁華街として発展。

なお、旧両国橋は現在より下流約50メートルの位置に架かっていた。

撮影場所:両国東広小路

撮影地:墨田区両国一丁目11番(岡田商事株式会社駐車場)

両国橋向広小路

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目