【南葛飾】深川丁

町名:深川丁

読み方:ふかがわちょう Fukagawachō

区分:俗称

起立:江戸期

廃止:不明

冠称:なし

現町名:江東区大島五~九丁目

概要:公称は「深川出村」。『分間江戸大絵図』に「深川丁」とある。『大江戸今昔めぐり』では、「深川町出村」、『江戸明治東京重ね地図では「深川出村」。「竪川通六ツ目」と言われた地域。

江戸期から1889(明治22)年4月30日までは深川出村、1889(明治22)年5月1日から1900(明治33)年7月18日までは東京府南葛飾郡大島村大字深川出村。1900(明治33)年7月19日から1915(大正4)年8月30日までは東京府南葛飾郡大島町大字深川出村。

1915(大正4)年8月31日、東京府南葛飾郡大島町大字大島町五~八丁目に編入となり消滅。現行の大島五~九丁目。

撮影場所:深川丁

撮影地:江東区大島九丁目7番8号(都営大島九丁目アパート8号棟 江東区立わかば保育園)

横町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿