【京橋①009】南紺屋町

町番号:京橋①009

町名:南紺屋町

読み方:みなみこうやちょう Minami-Kōyachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1930(昭和5)年

冠称:なし

現町名:中央区銀座一丁目3~6番

概要:「みなみこんやちょう」ともいう。町名は国役金を負担する江戸染物師の集住する町であったことによる。紺屋町は北側・西側にもあったため、それぞれ西・南を付して区別した。京橋川の河岸地には「立売」の里俗名があった(備考)。立売商人の多く集まる所であったことによるか(立ウリ丁)。『再校砂子』には明和年間(1764~1771年)頃、刀・脇差を商う者が多かったことを伝え、「太刀売」の字を宛てている。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数142・人口639(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府京橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市京橋区に所属。

1930(昭和5)年、帝都復興計画の一環により、銀座西一丁目、銀座一丁目に編入となり消滅。現行の銀座一丁目3~6番のうち。

撮影場所:南紺屋町

撮影地:中央区銀座一丁目5番10号(ギンザファーストファイブビル おいしい山形プラザ)

←008北紺屋町 010西紺屋町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿