【京橋①035】南鍋町

町番号:京橋①035

町名:南鍋町 一・二丁目

読み方:みなみなべちょう Minami-Nabechō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1930(昭和5)年

冠称:なし

現町名:中央区銀座五~七丁目

概要:江戸期は現行の銀座五・六丁目に跨る一部であった。町名は御用鋳物師長谷川豊後の拝領地であったことによる説(府志料)と「鍋島門」とも呼ばれる山下門の南側にあることによる説(画報)とがある。二丁目の新道には「古木店」の里俗名があった(備考)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、南に隣接する守山町を二丁目に編入。1872(明治5)年の戸数176・人口1,018(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府京橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市京橋区に所属。

1930(昭和5)年、帝都復興計画の一環により、銀座西五・六丁目、銀座五~七丁目に編入となり消滅。現行の銀座五~七丁目のうち。

撮影場所:南鍋町一丁目

撮影地:中央区銀座五丁目5番13号(坂口ビル)

←034鎗屋町 036滝山町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼