【芝①037】愛宕下町

町番号:芝①037

町名:愛宕下町 一~四丁目

読み方:あたごしたちょう Atagoshitachō

区分:町丁

起立:1872(明治5)年

廃止:1971(昭和46)年12月31日

冠称:四丁目のみ1947(昭和22)年3月15日から「芝」

現町名:港区新橋三~六丁目、芝大門一丁目

概要:1872(明治5)年、芝愛宕町一~三丁目と愛宕下通り(愛宕下大名広小路)を挟んで隣接する武家地が新たに愛宕下町一~四丁目となる。町名はこの付近を「愛宕ノ下」と俗称したことによる。同年の戸数330・人口1,254(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。

1932(昭和7)年12月1日、帝都復興計画の一環により、一丁目が新橋三丁目に、二丁目が新橋四丁目に、三丁目が新橋五丁目に、四丁目が新橋六・七丁目にそれぞれ編入となり、四丁目の極一部だけが存続。1943(昭和18)年7月1日、東京都芝区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

1972(昭和47)年1月1日、住居表示の実施に伴い、芝愛宕下町四丁目の残余が芝大門一丁目に編入となって消滅。

撮影場所:愛宕下町一丁目

撮影地:港区新橋三丁目16番5号(ビッグエコー新橋烏森口店)

←036芝愛宕町 038芝浜松町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿