【芝①072】本芝材木町

町番号:芝①072

町名:本芝材木町

読み方:ほんしばざいもくちょう Honshiba-Zaimokuchō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1964(昭和39)年6月30日

冠称:「本芝」

現町名:港区芝四丁目2、6番の一部

概要:もとは豊島郡柴村のうち、起立年代不明。町名は、町の北側の入間川沿いに材木商が多かったことによる(備考)。町奉行・代官の両支配であった。1827(文政10)年の総家数113軒、うち家持7・家守9・地借4・店借93(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数63・人口201(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。1908(明治41)年の世帯数61・人口283。明治期以降、材木商は次第に減少。1927(昭和2)年、入間川は埋め立てられた。1943(昭和18)年7月1日、東京都芝区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

1964(昭和39)年7月1日、住居表示の実施により、現行の芝四丁目2、6番の一部となり消滅。

撮影場所:本芝材木町

撮影地:港区芝四丁目6番8号(入間川 西応寺橋南詰 千代田三田ビル 魚串さくらさく三田店脇)

←071本芝 073本芝下タ町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町