【四谷①028】四谷七軒町

町番号:四谷①028

町名:四谷七軒町

読み方:よつやしちけんちょう Yotsuya-Shichikenchō

区分:町丁

起立:1879(明治12)年

廃止:1943(昭和18)年

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「四谷」

現町名:新宿区四谷本塩町1番

概要:詳細は前身の市ヶ谷七軒町を参照のこと。

はじめ、市谷本村の堀端にあったが、江戸期に収公され、代地を四谷塩町一丁目西隣に給された。「全町皆商店なるも、大横町の奥なるを以て、往来は繁劇ならず」(画報)。

前身の市ヶ谷七軒町として、慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数26・人口115(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、牛込区に所属。1879(明治12)年、「四谷七軒町」と改称。その際、四谷区に所属替え。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市四谷区に所属。

1943(昭和18)年4月1日、本村町四谷塩町一丁目と合併して起立した本塩町に編入となり消滅。現行の新宿区本塩町1番。なお、本塩町は住居表示の実施により、2017(平成29)年9月19日から「四谷」の冠称を付し、「四谷本塩町」と改称した。

※『角川日本地名大辞典』には「昭和18年本村町・四谷塩町1丁目と合併し、本塩町6番地となる」とあるが間違い。

撮影場所:四谷七軒町

撮影地:新宿区四谷本塩町1番6号(タイムズ本塩町)

←027元鮫河橋南町 029本村町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿