【浅草①008】浅草旅籠町

町番号:浅草①008

町名:浅草旅籠町 一・二丁目

読み方:あさくさはたごちょう Asakusa-Hatagochō

区分:町丁

起立:1869(明治2)年

廃止:1934(昭和9)年

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「浅草」

現町名:台東区柳橋一丁目14~16、22、25~27番

概要:町屋が開けたのは江戸期で、「松平市正ノ邸蹟ナリ 元禄元年十月蔵前旅籠町ト唱ウル町屋火除地トナリ此ニテ代地ヲ給シ浅草旅籠町一丁目代地ト称ス」(府志料)とある。寛文江戸図にある「はたご丁」がそれで、現行の蔵前二丁目5・6番、蔵前三丁目4・5、12番にあたる。町名の由来は奥州街道沿いの「旅籠町屋の由に有之候」(備考)。既に一・二丁目に分かれていたらしく、1688(元禄元)年に火除地として収公されて給された代地は、それぞれ「浅草旅籠町一丁目代地」、「浅草旅籠町二丁目代地」と称した。化政期(1804~1830年)の家数80軒(町方書上)。

前身の浅草旅籠町一丁目代地、浅草旅籠町二丁目代地として、慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、それぞれ「浅草旅籠町一丁目」、「浅草旅籠町二丁目」と改称。1872(明治5)年の戸数111・人口484(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府浅草区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市浅草区に所属。明治40年代には待合・料理屋の他、日本美術倶楽部・鼎会事務所があった。

1934(昭和9)年、帝都復興計画の一環により、一丁目の大部分が柳橋一丁目に、二丁目の全域と一丁目の一部が柳橋二丁目に編入となり消滅。現行の柳橋一丁目14~16、22、25~27番。

撮影場所:浅草旅籠町一丁目

撮影地:台東区柳橋一丁目16番5号(ジャコワ第4ビル ウィンズファクトリー)

←007浅草新片町 009浅草新旅籠町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿