【南豊島】代々木新町

町名:代々木新町

読み方:よよぎしんちょう Yoyogi-Shinchō

区分:俗称→字→町丁

起立:江戸期

廃止:1961(昭和36)年

冠称:「代々木」

現町名:渋谷区代々木二~四丁目、初台一丁目、西原一・二丁目

概要:『新撰區分東亰明細圖』には「角筈新丁」の斜前に「代々木シン丁」とある。『大江戸今昔めぐり』には現・玉川上水旧水路緑道の最東端に「新町」とある。「代々木町」とも呼ばれたか。

甲州街道南側沿いの町屋。北側は角筈新町。甲州街道と玉川上水に挟まれ、東はJR新宿駅付近、西は本町一丁目交差点付近(京王電鉄の代々幡駅(廃駅))にまで及ぶ細長い町。京王線が走り、甲州街道沿いは商家が建ち並び、相当な繁華だったようだが、裏に回れば淋しいところだったという。

慶應4年11月5日(1868年12月8日)か、東京府豊島郡代々木村に所属(大字代々木字新町)。

1878(明治11)年11月2日、東京府南豊島郡代々木村大字代々木字新町となる。1889(明治22)年5月1日 、東京府南豊島郡代々幡村大字代々木字新町となる。1896(明治29)年4月1日、東京府豊多摩郡代々幡村大字代々木字新町となる。1915(大正4)年11月10日、東京府豊多摩郡代々幡町大字代々木字新町となる。

1932(昭和7)年10月1日、東京府東京市渋谷区に所属、渋谷区代々木新町となる。「甲州街道にそいし、民家を云う、千駄ヶ谷新町に続けり」(新編武蔵)。甲州街道と京王線に挟まれた東西に細長い町。 1943(昭和18)年7月1日、東京都渋谷区代々木新町となる。1959(昭和34)年6月15日に代々木二~四丁目に、1961(昭和36)年11月15日には初台一丁目、西原一・二丁目に編入となり消滅。

撮影場所:代々木新町

撮影地:渋谷区代々木四丁目30番3号(新宿MIDWESTビル)

信濃殿町 代々木町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿