【麹町②】材木町

町名:材木町

読み方:ざいもくちょう Zaimokuchō

区分:町丁

起立:1590(天正18)年

廃止:1606(慶長11)年

冠称:なし

後身:武家地

現町名:千代田区大手町一丁目

概要:道三堀の北岸にできた町で、江戸最初の4ヶ町の1つ(本町という説もある)。材木屋が集まった。1606(慶長11)年、武家地とする再整備のため、日本橋南詰楓川西側に移転させられ、本材木町となる。

位置は『名島会関東支部』というサイトに「材木町の場所は、現在の東京メトロ東西線大手町 駅の上あたりだった」とあり、小沢利雄氏の「江戸の埋立地造成と木場の移転」の第2図によると道三橋の西方、南西に曲がりはじめる辺りの北側に町屋の絵が描かれている。またあるサイトでは「千代田区大手町一丁目か二丁目の南端」とあり、それらはすべて大手町駅前交差点の北西を指しているため、当地を材木町跡地とした。

撮影場所:材木町

撮影地:千代田区大手町一丁目5番6号(大手町タワー南東 大手町駅前交差点北西)

柳町 四日市町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼