【麹町②】四日市町

町名:四日市町

読み方:よっかいちちょう Yokkaichichō

区分:町丁

起立:1590(天正18)年

廃止:1606(慶長11)年

冠称:なし

後身:武家地

現町名:千代田区大手町二丁目南端

概要:道三堀の北岸にできた町で、江戸最初の4ヶ町の1つ(本町という説もある)。毎月4日に市が開かれた。1606(慶長11)年、武家地とする再整備のため、日本橋南詰に移転させられた(四日市町)。

四日市町の跡地だが、京橋図書館による『郷土室だより』第104号の「銭瓶橋」の位置の説明の項で『慶長見聞録』の「舟町と四ヶ市のあひにちいさき橋只一つ有」を引用し、また現在地を「日本ビルの南東端」としており、あるサイトで「四日市町は道三堀の北岸にあった」としている。そして『大江戸今昔めぐり』によると、銭瓶橋の位置は日本ビルヂングのエントランス・ホールとなっているので、四日市町の正確な位置はエントランス・ホールの北側エレベーター・ホールの辺りということになる。

なお、銭瓶橋跡案内板の設置場所が日本ビルヂング(千代田区大手町二丁目6番2号)の北側となっているが、何故そこに設置されたのか不明である。

但し、『江戸・東京の地理と地名』(日本実業出版社)によると舟町の位置は上述と合っていそうだが、柳町の真北直ぐに材木町があり、その直ぐ北西に「四日市」とある。

撮影場所:四日市町

撮影地:千代田区大手町二丁目6番2号(日本ビルヂングの南東端でエントランス・ホールより北)

材木町 内町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼