【芝②】芝新馬場同朋町

町名:芝新馬場同朋町

読み方:しばしんばばどうぼうちょう Shiba-Shin-Baba-Dōbōchō

区分:町丁

起立:1699(元禄12)年

廃止:1729(享保14)年

冠称:「芝」

後身:御用地

現町名:港区芝三丁目

概要:起立年代不明。昔の馬場跡が貞享年間(1684~1688年)頃から次第に拝領地となり、1699(元禄12)年に金杉川を凌った土で地形造成をしたので「芝築地同朋町」とも称し、両様の町名が通用していたが、1729(享保14)年に御用地となり、住人21人のうち6人は芝将監橋西方の河岸通り明地に代地を受け、「芝築地同朋町代地」の名が確定し(『芝金杉より麻布白金御殿跡辺絵図 : 寛保延享之頃』には「芝築地同朋町」とある)、「芝新馬場同朋町」の旧名は使われなくなった(町方書上)。

撮影場所:芝新馬場同朋町

撮影地:港区芝三丁目21番10号(パークハウス芝タワー)

芝伊皿子明下町 芝築地同朋町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼