【芝②】白金瑞聖寺門前町

町名:白金瑞聖寺門前町

読み方:しろかねずいしょうじもんぜんちょう Shirokane-Zuishōji-Monzenchō

区分:町丁

起立:1678(延宝6)11月

廃止:1869(明治2)年

冠称:「白金」

後身:白金台町六丁目

現町名:港区白金台三丁目2番1~4号

概要:『角川日本地名大辞典』では「町」は付いていない。黄檗宗紫雲山瑞聖寺は1670(寛文10)年開創、江戸最初の黄檗宗寺院開山木庵、開基青木甲斐守。門前の起立は1678(延宝6)11月中、瑞聖寺の境内地のうち342坪に町家作ができた。1745(延享2)年から町奉行の支配となった。1828(文政11)年の総家数は11軒、うち家持6・家主1・店借4(町方書上)。  

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、白金台町六丁目に編入となり消滅。現行の白金台三丁目2番1~4号の辺り。

撮影場所:白金瑞聖寺門前町

撮影地:港区白金台三丁目2番3号(渡辺ビル セブン-イレブン白金台駅前店)

三田南代地町 仲丁

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿