【赤坂②】麻布今井町

町名:麻布今井町

読み方:あざぶいまいちょう Azabu-Imaichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1872(明治5)年

冠称:「麻布」

後身:赤坂檜町赤坂新坂町

現町名:港区赤坂八丁目12番23~28号及び九丁目3番21~24号・4番13号・5番27~29号

概要:近代以後の麻布今井町とは全く別の地。公称は麻布今井町だが、江戸期には俗称として「赤坂今井町」と呼ばれていた。これは赤坂に隣接した地域であるため、古地図でもそのように書かれているものが多いが、それが誤りなのか、通称名としてわざと明記したものであるかは不明。切絵図では尾張屋版は慣用を記し、近吾堂版は公称を記している。

もとは今井村のうちの今井本村。1713(正徳3)年、町奉行支配となる以前から、既に「百姓町家之分今井町」とある(備考)。1827(文政10)年の総家数は76軒、家持11・家守4・店借65(町方書上)。その他、麻布今井町飛地(1870(明治3)年、青山北和泉町となる)があった。この飛地は間口3間半・奥行7間半に過ぎず、飛地の由来も不詳。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、北隣の赤坂一ツ木町飛地を合併。1872(明治5)年、付近の武家地とともに赤坂檜町赤坂新坂町に編入となり消滅。現行の赤坂八丁目12番23~28号及び九丁目3番21~24号・4番13号・5番27~29号にあたる。

『大江戸今昔めぐり』では港区赤坂九丁目5番1号北東から3番北東、八丁目12番28号東、25号中南部が当町となっている。

撮影場所:麻布今井町

撮影地:港区赤坂九丁目4番13号(パークコート赤坂檜町ザタワー入口)

青山御掃除之者町 赤坂今井町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目