【牛込②】歌坂富士見横町

町名:歌坂富士見横町

読み方:うたさかふじみよこちょう Utasaka-Fujimi-Yokochō

区分:俗称

成立:江戸期

廃止:1872(明治5)年

冠称:なし

後身:市谷砂土原町三丁目

現町名:新宿区市谷砂土原町三丁目

概要:新宿区市谷砂土原町三丁目の古名。法政大学市ケ谷田町校舎の北にある歌坂と富士見馬場の間にあった。歌坂は「雅楽坂」ともいい、一説には「善知鳥(うとう(海鳥の一種))」の嘴に似た地形であるからともいう。「うとう」が「うた」になり、歌坂に転じたものであろう。また、アイヌ語の「ウタ」(突端・出崎の意)ともいわれる。坂下外堀沿いは嘗て「船河原」と称し、歌坂はその岸に臨む坂であった。富士見馬場はその後、武家屋敷になった。

1872(明治5)年、市ヶ谷砂土原町三丁目に編入となり消滅。

撮影場所:歌坂富士見横町

撮影地:新宿区市谷砂土原町三丁目8番地72号(歌坂上)

市ヶ谷火之番町 市ヶ谷七軒町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿