【牛込②】牛込川田ヶ久保町

町名:牛込川田ヶ久保町

読み方:うしごめかわたがくぼまち Ushigome-Kawatagakubomachi

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1871(明治4)年

冠称:「牛込」

後身:市ヶ谷柳町

現町名:新宿区市谷柳町4番地

概要:「川田窪町」、「牛込川田ヶ窪町」とも書く。古くは豊島郡野方領牛込村のうち。寛文年間(1661~1672年)以前には既に町屋が開け、1672(寛文12)年の頃に「川田久保」といわれていた。その由来は不詳。町奉行・代官の両支配地であった。1828(文政11)年の家数10軒(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1871(明治4)年、清内屋敷とともに市ヶ谷柳町に編入となり消滅。市谷柳町4番地。

 撮影場所:牛込川田ヶ久保町

撮影地: 新宿区市谷柳町4番地(都営バス牛込柳町駅前停留所)

牛込山伏町 ヲヤリ町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿