【牛込②】津久戸西門前町

町名:津久戸西門前町

読み方:つくどにしもんぜんちょう Tsukudo-Nishi-Monzenchō

区分:俗称

起立:江戸期

廃止:不明

冠称:「津久戸」

現町名:新宿区筑土八幡町

概要:牛込無量寺門前の俗称。牛込無量寺門前は江戸期~1869(明治2)年に存在した。無量寺は「松雲山」と号し、天台宗上野寛永寺の末寺で、筑土(津久土)八幡社の別当寺。創建年代は不明。門前町屋は3ヶ所に分かれ、それぞれ俗に「津久戸西門前町」、「津久戸中町」、「津久戸東門前町」と称した。津久戸西門前町の一部は年季町屋であった。1745(延享2)年、町奉行支配となる(寺社書上)。1828(文政11)年の家数148軒(町方書上)。

牛込無量寺門前は慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、牛込八幡町、近隣の寺地と合併して牛込筑土八幡町となる。

撮影場所:津久戸西門前町

撮影地:新宿区筑土八幡町2番5号(梅野産業ビル もとしょっぷ神楽坂)

筑土下八軒町 津久戸中町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿