【牛込②】馬場下横町

町丁:馬場下横町

読み方:ばばしたよこちょう Babashita-Yokochō

区分:俗称

起立:江戸期

廃止:1872(明治5)年又は1879(明治12)年

冠称:なし

現町名:新宿区原町三丁目

概要:公称は牛込長久寺門前。牛込長久寺門前は江戸期~1872(明治5)年まで続いた。牛込浄泉寺門前とともに、俗に「馬場下横町」と称したというが、公称として存在した牛込馬場下横町とは別の地。長久寺は「宝国山」と号し、曹洞宗安房延命寺の末寺で、牛込村時代より当地に存した。門前町屋の起立年代は不明(寺社書上)。1745(延享2)年、町奉行支配となる。1828(文政11)年の家数5(町方書上)。

牛込長久寺門前は、慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年、牛込原町三丁目に併合され消滅(1879(明治12)年との説も)。そのときに「馬場下横町」という俗称も同時に消えたかどうかは不明。

撮影場所:馬場下横町

撮影地:新宿区原町三丁目64番地3号(イニシアイオ新宿夏目坂)

牛込三十人町 東袋町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿