【小石川②】小石川七軒町

町名:小石川七軒町

読み方:こいしかわしちけんちょう Koishikawa-Shichikenchō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年7月

冠称:「小石川」

後身:小石川林町

現町名:文京区千石二丁目

概要:古くは小石川村百姓地だった。1745(延享2)年までには町場化し町奉行支配となる。町北は一橋家、町南は酒井家各下屋敷に囲まれていた。当町内の質屋・酒屋を営む平三郎は困窮している者や質入れにくる者に白米を与えたりする篤志家であったという(画報)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年7月、「小石川林町」と改称し消滅。

※『角川日本地名大辞典』では「現行の千石1丁目の一部」とあるが、二丁目の間違い。

撮影場所:小石川七軒町

撮影地:文京区千石二丁目30番12号(日本福音ルーテル小石川教会 女子学生会館文京カテリーナ)

小石川龍泉寺門前町 巣鴨大原町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿