【下谷②】谷中感応寺新門前町

町名:谷中感応寺新門前町

読み方:やなかかんのうじしんもんぜんまち Yanaka-Kannōji-Shin-Monzemmachi

区分:町丁

起立:1702(元禄15)年

廃止:1833(天保4)年

冠称:「谷中」

後身:谷中天王寺新門前町

現町名:台東区谷中五丁目

概要:1702(元禄15)年、住職化頂院が願い出て、町屋の起立を許された感応寺の門前町。1648(慶安元)年起立の門前町(谷中感応寺古門前町)に対し、当町は「谷中感応寺新門前町」と称した。町内を「上新門前町」、「下新門前町」と俗称した。1745(延享2)年、寺社奉行支配から町奉行支配となる。

1833(天保4)年、長耀山感応寺から護国山天王寺へ改号となり、それに合わせて町名も「谷中天王寺新門前町」と改称になり消滅。

撮影場所:谷中感応寺新門前町

撮影地:台東区谷中五丁目1番1号(珎々亭支店)

谷中天王寺新門前町 上新門前町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:寺島村大字寺島字前沼