【南豊島】庄九郎甼

町名:庄九郎甼

読み方:しょうくろうちょう Shōkurōchō

区分:俗称

起立:江戸期

廃止:不明

冠称:なし

現町名:新宿区霞ヶ丘町

概要:六道の辻の北西の御手先組与力同心大縄地をいった。『江戸切繪圖 : 俚俗 : 千駄ケ谷辺』には「●庄九郎甼ト云」とありかなり広範囲であるが、『青山長者丸辺図』では「庄九郎町組屋敷」とある箇所は軟式球場事務所(新宿区霞ヶ丘町2番地3号)のあるところである。

現在は神宮外苑の内にすっぽり入ってしまい、場所を特定するのがなかなか難しい。外苑外の、現在でも当時のままである道等(隠田川の霞橋、観音橋、北脇橋、外苑東通り、一行院前、都道414号等)から庄九郎甼の位置を割り出してみると、『江戸切繪圖 : 俚俗 : 千駄ケ谷辺』での広範囲を「庄九郎甼」とすれば、明治神宮外苑 バッティングドームの北辺りから絵画館前、こぶし球場辺りということが判る。その後に導入した『大江戸今昔めぐり』で場所を確認したところ、自身での割り出しは正しかった。

撮影場所:庄九郎甼

撮影地:新宿区霞ヶ丘町2番地3号(明治神宮外苑軟式球場事務所)

青山甲賀町 六辻町


江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿