【四谷 横町(横丁)】御仮屋横町

横町(横丁)名:御仮屋横町

読み方:おかりやよこちょう Okariya-yokochō

区分:横町(横丁)

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:新宿区四谷二丁目、四谷三栄町

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 四谷御門外・伝馬町辺』に「●御仮屋ヨコ丁」とある。四谷伝馬町二丁目の東端を北に下る小路をいった。1634(寛永11)年、豊島郡貝塚領上一ツ木村の稲荷山宝蔵院内の稲荷社と神田明神内の牛頭天王社を四谷鮫河橋の鎮守として須賀神社(須賀町に現存)に勧請し、遷座の際、その御仮屋(仮社殿)を設けたのに因む(備考)。現在の新宿区立三栄公園西側の通り。

撮影場所:御仮屋横町

撮影地:新宿区四谷三栄町24番地(四谷税務署)

稲荷横丁 荒木横町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目