【牛込 新道】芸者新道

新道名:芸者新道

読み方:げいしゃじんみち Geisha-jimmichi

区分:新道

成立:明治期

廃止:存続

現町名:新宿区神楽坂三丁目

概要:現・早稲田通りから本田横丁に折れて、1本目を東に折れるところにある新道。以前は石畳だったという。1857(安政4)年、神楽坂に牛込花街が誕生。明治を迎えて武家が去り、商業地・花街として発展。関東大震災では奇跡的に難を逃れ、日本橋や銀座から老舗(松屋、三越、白木屋、資生堂等)が移転してきたことでさらに繁華となった。花街としては戦前に最盛期を迎え、芸妓・幇間合わせて約600名、料亭・待合は約150軒を数えたという。現在は料亭8軒、芸妓30名前後が残り、うを徳・喜文・千月・白宮・牧・幸本という料亭が営業している(東京神楽坂ガイド)。嘗ては「ロクハチ通り」と改称したこともあった。由来は料亭の座敷が午後6時からと午後8時からだったことによる。

撮影場所:芸者新道

撮影地:新宿区神楽坂三丁目2番地(トレビスビル 神楽坂翔山亭神楽坂別館茶寮)

大久保上新道

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿