【神田 新道】板新道

新道名:板新道

読み方:いたじんみち Ita-jimmichi

区分:新道

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:千代田区内神田三丁目

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 内神田・鍛冶町・柳原迄』に「●板新道ト云○又は西裏通リ」と、『江戸切繪圖 : 俚俗 : 神田八丁堀及弁慶橋之図』に「●里俗ニ板新道ト云」とある。現在の神田駅西口辺りから北上し、千代田区内神田三丁目23番の角を曲がって司町交差点辺りまでをいった。神田竪大工町神田横大工町に接し、板職人が多く住んだためにそう呼ばれた。

撮影場所:板新道

撮影地:千代田区内神田三丁目15番1号(髙安ビル 圭輝)

鍛冶町新道 御納屋新道

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目