【神田 新道】蛤新道

新道名:蛤新道

読み方:はまぐりじんみち Hamaguri-jimmichi

区分:新道

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:千代田区神田須田町二丁目

概要:神田平永町北部を貫くように、『日本橋北内神田兩國濱町明細繪圖』には「ハマクリシンミチ」と、『江戸切繪圖 : 俚俗 : 内神田・鍛冶町・柳原迄』には「●蛤新道」とある。由来は蛤売りが住んでいたため。

明治期の地図にも残っていたが、帝都復興計画において靖国通りを通すのに合わせ、この界隈の道が神田川に対して直角に交わるように区画整理されて消滅した。したがって、NBF神田須田町ビルに対して万世橋の方向に写真を撮るしかなかった。詳細は神田平永町を参照のこと。

撮影場所:蛤新道

撮影地:千代田区神田須田町二丁目3番地1号(NBF神田須田町ビル ファミリーマート神田須田町二丁目店の東南)

於金新道 藤十郎新道

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目