【日本橋 河岸】鞘町河岸

河岸名:鞘町河岸

読み方:さやちょうがし Sayachō-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:江戸期

現町名:中央区日本橋本石町一丁目

概要:日本橋川の日本橋~一石橋の北側は「北河岸」、「(品川町)裏河岸」と呼ばれたが、一石橋側を「鞘町河岸」又は「北鞘町河岸」と呼んだ。同時にまた魚河岸の一部分でもあったという。『狂歌江都名所図会』に「商人も元値をきって太刀の魚さや町河岸にはめる朝市」等とある。古くは「北河岸」と呼んでいたらしく、『府志料』に「此地は昔刀の鞘の工多く居住す、故に町名とす。今はなし。古図に河岸通りを北河岸とあり」とある。詳細は北鞘町河岸を参照のこと。

撮影場所:鞘町河岸

撮影地:中央区日本橋本石町一丁目1番4号(山元)

←品川町裏河岸(日本橋①) 北鞘町河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目