【日本橋 河岸】菖蒲河岸

河岸名:菖蒲河岸

読み方:しょうぶがし Shōbu-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:1971(昭和46)年

現町名:中央区日本橋浜町三丁目

概要:箱崎川沿いにあった河岸。「あやめがし」ともいった。江戸切繪圖 : 俚俗 : 小網町・箱崎・浜町辺』の新大橋西詰から西に「○菖蒲河岸ト云」とある。後に中洲ができ、箱崎川が東に延伸した後も存続していた。江戸期は新大橋西詰付近の狭い範囲であったが、明治期には箱崎川の女橋北詰東側までそう呼ばれた。『明治28年日本橋区全図』は中洲の対岸の浜町三丁目の河岸地を「菖蒲河岸」と記載。『日本橋区史』に「菖蒲河岸。浜町二丁目十四番地先より同三丁目一乃至八番地先に至る河岸名」とある。なお、箱崎川は高速道路及び東京シティエアターミナル建設のため、1971(昭和46)年に本流が、1972(昭和47)年に支川が埋立てられて消滅した。現行の日本橋浜町三丁目南部。

撮影場所:菖蒲河岸

撮影地:中央区日本橋浜町三丁目45番5号(ハローストレージ箱崎)

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目