【日本橋 河岸】醤河岸

河岸名:醤河岸

読み方:あいものがし又はあえものがし Aimono-gashi or Aemono-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:明治期か

現町名:中央区日本橋小舟町

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 日本橋以北』に「○醤河岸」とある。「あいものがし」又は「あえものがし」と読む。西堀留川(伊勢町堀)の東側で、中之橋から南をいった。『案内』に「小舟町二丁目、寛永の頃は本町を醤河岸と呼べり。川は西堀留川なり」とあるが、寛永の江戸大絵図や『府内沿革図書』には見えない」とある。「醤(あいもの/あえもの)」とは鮮魚と干魚との間のものをいう。醤の荷揚げを行っていた河岸だったようである。

明治期には中之橋から北の鰹河岸とともに「小舟河岸」と統一されてしまったようだ。なお、西堀留川は1886(明治19)年に塩河岸付近の昭和通りから西側が埋め立てられ、1928(昭和3)年には昭和通りから日本橋川との合流点までが関東大震災の瓦礫捨て場として埋め立てられ、水路としての役目を終えた。

撮影場所:醤河岸

撮影地:中央区日本橋小舟町2番地10号(阿部長ビル)

小舟河岸 鰹河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目