【日本橋 河岸】桐河岸

河岸名:桐河岸

読み方:きりがし Kiri-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:中央区日本橋兜町

概要:『江戸切繪圖 : 俚俗 : 八丁堀・霊岸島・箱崎』にある。楓川の河岸で坂本町に面していた部分は桐材を商う者が多かったのでこう呼ばれたらしい。江戸図には見えない。

『字集覧』に「桐河岸。日本橋坂本町」とあり、『画報』の坂本町の項には「桐河岸。坂本町の西、楓川沿岸の地を俚俗桐河岸といえり。対岸は本材木町にして、材木を商う者共此辺までも揚場を作り、小屋設けなどしつ、主に桐材なりしかば此呼名を得たらむか、今、楓川岸の内にて桐河岸の称なし、されど私に呼ぶもの多し」とある。

撮影場所:桐河岸

撮影地:中央区日本橋兜町11番9号(新場橋区民会館)

楓河岸 多菜粉河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目