【芝 河岸】薩摩河岸

河岸名:薩摩河岸

読み方:さつまがし Satsuma-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:湊区芝二・三丁目

概要:芝新堀河岸の別称。嘉永年度の絵図に将監橋と赤羽橋(赤羽根橋)の中間、古川岸の南岸沿い空地の南側に「サツマ川岸ト云」と見える。薩摩鹿児島藩の荷揚げ場があったことから俗称された。『港区史』では「薩摩屋敷付近の川岸の意であろう」としている。舟運の便があるため、木材、石材、竹材、米、塩、薪炭等の商店が多くあった。現行の芝二・三丁目の北端、古川沿いの一帯。明治初期に「芝新堀河岸」と改称。

撮影場所:薩摩河岸

撮影地:港区芝三丁目2番12号(東京中央たばこ商業協同組合ビル)

赤羽河岸 金杉河岸(芝①)→

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町