【麻布 横町(横丁)】北横丁

横町(横丁)名:北横丁

読み方:きたよこちょう Kita-yokochō

区分:横町(横丁)

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:港区六本木一丁目、赤坂一丁目

概要:古地図にはないので推測するしかない。『大江戸今昔めぐり』の竹中鑑次郎屋敷、金田次郎屋敷、小出伊蔵屋敷の西の道に「麻布市兵衛町」とあり、麻布市兵衛町の項の1872(明治5)年の町域拡張の説明に「東北方に離れてあった麻布陽泉寺門前を編入」とあるので、同町の北端がそこまでであるということと考えられ、同町北部にある横丁は現・ホテルオークラ東京別館の建つ西の道ではないかと考えられる。

撮影場所:北横丁

撮影地:港区六本木一丁目10番16号(ホテルオークラ東京別館)

熊野横町 西横丁

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目