【麻布 河岸】ちょろ河岸

河岸名:ちょろ河岸

読み方:ちょろがし Choro-gashi

区分:河岸

成立:江戸期

廃止:不明

現町名:港区東麻布一丁目

概要:麻布北赤羽河岸の別称。古川の赤羽橋から中ノ橋までの北岸。飯倉五丁目、赤羽円明院門前、芝御霊屋掃除屋敷代地の南方、新堀河岸通りの家前辺り。

『江戸切繪圖 : 俚俗 : 麻布飯倉・新堀端』に「○ちょろ河岸」とあり、『江戸切繪圖 : 俚俗 : 飯倉・増上寺・金杉橋迄』に「○赤羽根河岸又ハちよろ河岸ト云」とある。「赤羽ちょろ河岸」とも「一寸河岸」ともいったが、魚商人が毎朝暫く立ち商売をするので、そう呼ばれたか(備考)。現行の東麻布一丁目の古川に面する辺り。詳細は麻布北赤羽河岸を参照のこと。

撮影場所:ちょろ河岸

撮影地:港区東麻布一丁目30番9号(港区みなと保健所生活衛生課東麻布詰所)

一寸河岸 赤羽ちょろ河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目