【日本橋②】竹島町

町名:竹島町

読み方:たけしまちょう Takeshimachō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1869(明治2)年

冠称:なし

後身:北島町

現町名:中央区日本橋茅場町二丁目

概要:古くは武家地・寺地であった。嘉永7年板切絵図によると、北島町の東側と亀島川 亀島橋際の2ヶ所に記されている。北島町の町屋は与力同心の組屋敷に囲まれていた。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、亀島橋際の町屋(竹島町)は隣接の八丁堀与作屋敷・八丁堀水谷町等とともに水谷町に編入となり消滅。また、北島町東側(本稿)は岡崎町(飛地)とともに北島町に編入となる。

なお、『江戸切繪圖 : 俚俗 : 八丁堀・霊岸島・箱崎』では大井戸横丁(現・新大橋通り)側に「竹島町」とあるが、『大江戸今昔めぐり』では1本西の鈴らん通り沿いの北角(日本橋茅場町二丁目9番12号)に「竹島町」とある。

撮影場所:竹島町

撮影地:中央区日本橋茅場町二丁目9番5号(セブン-イレブン日本橋茅場町2丁目店)

岡崎町 鍛冶町


江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目