【麹町①003】宝田町

町番号:麹町①003

町名:宝田町

区分:町丁

読み方:たからだちょう Takaradachō

起立:1872(明治5)年

廃止:1967(昭和42)年3月31日

冠称:なし

現町名:千代田区皇居外苑2番の北部以外

概要:町名の由来は中世この地が「宝田村」と呼ばれていたことによる。江戸城拡張のため、それまでの住民は日本橋の小伝馬町に移される。慶長年中(1596~1615年)は平岩親吉、本多忠勝、大久保忠隣、小笠原秀政等の屋敷があった所で、成立以前は馬場先御門内の武蔵忍藩松平氏、備中松山藩板倉氏上屋敷と歩兵屯所だった。

1872(明治5)年、旧村名を採って町として成立。同年の戸数38・人口116(府志料)。一時期、太政官岩倉具視邸があった。その後、宮内省用地となり、統計院修史館、近衛兵営、警視庁等が置かれた(東京地理志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府麹町区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市麹町区に所属。1943(昭和18)年7月1日、東京都麹町区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都千代田区に所属。

1967(昭和42)年4月1日、住居表示の実施により、祝田町元千代田町と合併し、皇居外苑の起立となり消滅。

撮影場所:宝田町

撮影地:千代田区皇居外苑2番1号(皇居外苑内丸の内警察署皇居前警備派出所)

←002祝田町 004元千代田町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿