【神田①034】神田八名川町

町番号:神田①034

町名:神田八名川町

読み方:かんだやながわちょう Kanda-Yanagawachō

区分:町丁

起立:1616(元和2)年

廃止:1966(昭和41)年12月31日

冠称:1911(明治44)年5月1日~1947(昭和22)年3月14日を除き「神田」

現町名:千代田区東神田三丁目6番

概要:1616(元和2)年、家康が駿府在城の時、三河国八名川村出身の旗本22人が江戸に町屋を拝領、移住してきたので「神田八名川町」といった。1718(享保3)年、類焼して火除地となり、代地を深川に与えられ、深川八名川町となった。しかし便利が悪いため、1720(享保5)年に元地の続きに蔵地を拝領(備考)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数73・人口238(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府神田区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市神田区に所属。1943(昭和18)年7月1日、東京都神田区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都千代田区に所属。

1967(昭和42)年1月1日、住居表示の実施により、東神田三丁目に編入となり消滅。

撮影場所:神田八名川町

撮影地:千代田区東神田三丁目6番10号(近藤ビル)

←033神田元久右衛門町 035神田餌鳥町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿