【神田①053】金沢町

町番号:神田①053

町名:金沢町

読み方:かなざわちょう Kanazawachō

区分:町丁

起立:1684(天和4)年

廃止:1964(昭和39)年11月30日

冠称:1947(昭和22)年3月15日から1964(昭和39)年11月30日まで「神田」

現町名:千代田区外神田三丁目2~4、11番

概要:明暦の大火前は東本願寺の境内で、その後は加賀金沢藩前田家中屋敷であったが、1683(天和3)年、同邸が移転した跡に湯島一丁目の代地となったもので、町名は前田家に因む。また一時期、一・二丁目に分けられたこともある。町内の北側を「肴店」といい、中程を「明石長屋」といった。明石長屋は嘗て明石屋吉右衛門という者が住んでいたことによる。また、東隣には養生所付上納地があった(備考)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年、大岡豊後守等の武家地を合併。同年の戸数168・人口709。物産に簪・団扇があった(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府神田区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市神田区に所属。1943(昭和18)年7月1日、東京都神田区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都千代田区に所属。

1964(昭和39)年12月1日、住居表示の実施により、外神田三丁目に編入となり消滅。

※千代田区の設置する町名由来板やそれを載せるサイトの当該ページには「ちょう」と読むようにある。しかし、同サイトの「新旧町名対照表(住居表示実施地域)」には「まち」と読むようにある。

撮影場所:金沢町

撮影地:千代田区外神田三丁目4番7号(千代田区立昌平小学校)

←052橋本町 054田代町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目