【神田①063】表神保町

町番号:神田①063

町名:表神保町

読み方:おもてじんぼうちょう Omote-Jimbōchō

区分:町丁

起立:1872(明治5)年

廃止:1935(昭和10)年

冠称:なし

現町名:千代田区神田神保町一丁目13、15、17、19、21、23、25、27、29、31、33、35、37、39、41、103、105番地、神田小川町三丁目1、3、5、7、9、11番地、一ツ橋二丁目

概要:1872(明治5)年、越後高田・下野足利・信濃高遠各藩の武家地跡が合併して起立(1871(明治4)年、越後高田藩榊原邸上地跡は文部省用地となり、後に東京帝国大学植物場を設置)。同年の戸数25・人口91(府志料)。「神保」とは、元禄年間(1688~1704年)頃、旗本・神保長治がこの地に広大な屋敷を構えており、そこにあった小路が「神保小路」と呼ばれるようになったためといわれている。

1878(明治11)年11月2日、東京府神田区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市神田区に所属。

1935(昭和10)年、帝都復興計画の一環により、一ツ橋二丁目、神保町一丁目、小川町三丁目のそれぞれに編入となり消滅。

※『角川日本地名大辞典』には「昭和10年小川町3丁目・神保町2丁目・一ツ橋2丁目の各一部となる」とある。

撮影場所:表神保町

撮影地:千代田区神田小川町三丁目9番地(五十稲神社)

←062北神保町 064裏神保町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿