【日本橋①077】小伝馬上町

町番号:日本橋①077

町名:小伝馬上町

読み方:こでんまかみちょう Kodemma-Kamichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1932(昭和7)年

冠称:なし

現町名:中央区日本橋小伝馬町

概要:町名は小伝馬町の上(北)に位置したことによる。当町の西側、現在の中央区立十思公園の付近にあった町奉行所属の牢屋敷は、慶長年間(1596~1615年)に現在の日本銀行付近から移転したもの。1703(元禄16)年の大火後の拡張により、総坪数は2,677坪となり、四方に堀が巡らされていた。収容者の身分により、百姓牢・揚屋・揚座敷に区別され、北東には仕置場があったが、1875(明治8)年、市谷監獄署の設立により廃止。また、浅草新寺町の東光院がこの地にあったので「薬師堂前」ともいわれ、南側の新道には諏訪明神があり「諏訪新道」と呼ばれた(『角川日本地名大辞典』では「南側の新道には」とある。当町は北側・真ん中・南側の3ブロックあるが、そのうちの真ん中と南側の間の道が諏訪新道である)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数234・人口945(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府日本橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市日本橋区に所属。

1932(昭和7)年、帝都復興計画の一環により、小伝馬町一・二丁目に編入となり消滅。現行の日本橋小伝馬町のうち。

撮影場所:小伝馬上町

撮影地:中央区日本橋小伝馬町5番地1号(十思スクエア)

←076松島町 078亀井町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿