【京橋①039】金六町


町番号:京橋①039

町名:金六町

読み方:きんろくちょう Kinrokuchō

区分:町丁

起立:1871(明治4)年

廃止:1931(昭和6)年

冠称:なし

現町名:中央区銀座一丁目

概要:江戸期から1871(明治4)年までは京橋金六町。徳川氏入国当時は「京橋入川筋」と呼んだが、後に芝田金六の支配地となり、この町名が付いた。芝田金六は大坂の陣に人足差配役を勤めた功によりこの地を拝領した。明暦の大火後、火除地となり築地に移り、続いて八丁堀・芝口と移転したので、金六町の名は諸所に見られるが、京橋金六町が元地である。

前身の京橋金六町として、慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1869(明治2)年、白魚屋敷の一部を加え、一部を京橋水谷町に編入。1871(明治4)年、冠称を外して単に「金六町」と改称。1872(明治5)年の戸数84・人口361(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府京橋区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市京橋区に所属。

1931(昭和6)年、帝都復興計画の一環により、木挽町一丁目に編入となり消滅。

撮影場所:金六町

撮影地:中央区銀座一丁目18番8号(JS銀座ビル 城南信用金庫銀座支店)

←038日吉町 040京橋水谷町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿