【芝①018】桜田鍛冶町

町番号:芝①018

町名:桜田鍛冶町

読み方:さくらだかじちょう Sakurada-Kajichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1932(昭和7)年11月30日

冠称:「桜田」

現町名:港区西新橋一丁目16番北部のみと17番の北西角を除く全て

概要:霞ヶ関方面の集落に起源する桜田七ヶ町の1つ。町名は鍛冶所役地となり鍛冶職の者が多く居住したことによる。他の桜田七ヶ町と同じく、1794(寛政6)年、愛宕下の柴田七九郎・大村信濃守の邸地跡へ代地となる。1828(文政11)年の家数80軒、うち家持3・家主9・地借8・店借60(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年の戸数28・人口119(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。1908(明治41)年の世帯81・人口373。

1932(昭和7)年12月1日、帝都復興計画の一環により、田村町二丁目に編入となり消滅。現行の西新橋一丁目16番北部のみと17番北西角を除く全て。

※『角川日本地名大辞典』では「現行の西新橋1丁目16番東北角と17番の東北角を除く部分」とあるが、『大江戸今昔めぐり』に従い、「現行の西新橋一丁目16番北部のみと17番の北西角を除く全て」とした。

撮影場所:桜田鍛冶町

撮影地:港区西新橋一丁目16番14号(金ふじ)

←017桜田伏見町 019桜田和泉町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町