【芝①034】神明町

町番号:芝①034

町名:神明町

読み方:しんめいちょう Shimmeichō

区分:町丁

起立:江戸期

廃止:1936(昭和11)年

冠称:なし

現町名:港区浜松町一丁目、海岸一丁目

概要:起立年代は不明。芝の大通りで、宇田川町の南、芝大神宮の前に位置していた。町名は「大神宮」をもとは「飯倉神明宮」と称していたことによる。1827(文政10)年の総家数185軒、うち家持3・家主13・地借35・店借134・空家16(町方書上)。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年、武家地を合併(府志料・画報)。同年の戸数159・人口685、物産は煉油、鼈甲、銀、象牙、櫛、笄類、菓子折、指物類(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。1908(明治41)年の世帯数510・人口2,090。

帝都復興計画の一環により、1932(昭和7)年に大部分は芝浜松町一・二丁目の一部に編入となり、1936(昭和11)年には残余であった東部の国鉄線路敷の辺りが海岸通一丁目に編入となり消滅。現行の浜松町一丁目、海岸一丁目のうち。

撮影場所:神明町

撮影地:港区浜松町一丁目13番2号(ホワイトタワー浜松町)

←033宇田川横町 035芝公園地

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿