【芝①054】芝新堀町

町番号:芝①054

町名:芝新堀町

読み方:しばしんぼりちょう Shiba-Shimborichō

区分:町丁

起立:1872(明治5)年

廃止:1964(昭和39)年6月30日

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「芝」

現町名:港区芝二丁目3番の西部分と4~14、16~18、22番の西部分、15番の北部分、三丁目5・6番

概要:1872(明治5)年、美濃大垣藩戸田采女正、播磨三草藩丹羽若狭守、大和柳本藩織田安芸守等を合併して起立。町名は新堀川に沿う地の意(府志料)。江戸時代に船便のために、古川を拡幅改修したこの辺りを「新堀」と呼んだ。町内に御嶽神社があった。同年の戸数122・人口536(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市芝区に所属。1908(明治41)年の世帯929・人口3,915(市勢調査)。明治時代から住宅、商店、工場の入り混じった町況で、これは戦災以後も余り変わらなかった。1943(昭和18)年7月1日、東京都芝区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

1964(昭和39)年7月1日、住居表示の実施により、芝二・三丁目に編入となり消滅。現行の芝二丁目3番の西部分と4~14、16~18、22番の西部分、15番の北部分、三丁目5・6番。

撮影場所:芝新堀町

撮影地:港区芝二丁目5番2号(東京グランドホテル)

←053芝金杉新浜町 055芝新堀河岸

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿