【芝①099】白金三光町

町番号:芝①099

町名:白金三光町

読み方:しろかねさんこうちょう Shirokane-Sankōchō

区分:町丁

起立:1891(明治24)年

廃止:1968(昭和43)年12月31日

冠称:「白金」、さらに1947(昭和22)年3月15日から「芝」

現町名:港区白金一~六丁目、白金台四・五丁目、高輪一丁目

概要:1872(明治5)年、武家地跡に白金上三光町白金下三光町が起立。1874(明治7)年には荏原郡に所属。1879(明治12)年、白金上三光町白金下三光町白金錦町と荏原郡今里村と合併し、東京府荏原郡白金村を起立。

しかし1891(明治24)年、東京府東京市芝区に編入され、旧今里村区域は白金今里町に、そして字上三光、下三光、字名光、字東名光、字西名光、字卒古台、字松久保、字雷神下となった旧白金上三光町と旧白金下三光町、旧白金錦町は、それらを併せて白金三光町として起立。これにより白金村は消滅となる。

町名は町域中央、現・白金二、四丁目の境を成す三光坂が由来。他に日月星の三光説(画報)、鈷と光の字音が近いので文字を替えたという説(案内)、蛍の名所だったためという説、上・下三光の「三光」を採ったという節、名光、東名光、西名光の3つの光からきている説(港区史他)がある。また、三光坂は明治時代には「三鈷坂」、それ以前は「三葉坂」と呼ばれていた。これは坂下の専心寺に三葉の松があり、これが鈷(武具が変じて、密教の仏具となったもの。両端が1つのもの、3つのもの、5つのもの等とがある)の三又に似ていることから「三鈷松」となり、さらに転じて「三光」となったと伝えられている。

当初は宅地も疎らな郊外的な風景を呈していたが、明治末期から急速に発展した。南部高台は華族、軍人、代議士、実業家等の大邸宅となり、北部古川沿岸低地は中小住宅、小商店工場が密集した。1908(明治41)年の世帯数1,632・人口6,875、1925(大正14)年の世帯数4,116・人口19,145。1943(昭和18)年7月1日、東京都芝区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都港区に所属。

住居表示の実施により、一部が1967(昭和42)年7月1日に高輪一丁目に、残りの全域が1969(昭和44)年1月1日に白金一~六丁目、白金台四・五丁目の一部にそれぞれ編入となり消滅。

撮影場所:白金三光町

撮影地:港区白金四丁目3番9号(三光坂下 西光寺)

←098白金今里町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿