【芝②】白金錦町

町名:白金錦町

読み方:しろかねにしきちょう Shirokane-Nishikichō

区分:町丁

起立:1869(明治2)年

廃止:1879(明治12)年

冠称:「白金」

後身:荏原郡白金村

現町名:港区白金三丁目8番南北部、白金二丁目1番4・5号

概要:1869(明治2)年、白金神明社地門前町と白金氷川社門前(前身は白金報恩寺門前町)が合併して起立。町名は蜀江坂により「蜀江の錦」に因んだものか。1872(明治5)年、社地を加える。同年の戸数0・人口0(府志料)。1878(明治11)年11月2日、東京府芝区に所属。1879(明治12)年、荏原郡白金村に編入となり消滅。詳細は白金三光町白金神明社地門前町等を参照のこと。

撮影場所:白金錦町

撮影地:港区白金三丁目8番12号(エクシヴ白金)

白金下三光町 白金神明社地門前町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:小梅五之橋町