【四谷①004】四谷簞笥町

町番号:四谷①004

町名:四谷簞笥町

読み方:よつやたんすまち Yotsuya-Tansumachi

区分:町丁

起立:明治初年

廃止:1943(昭和18)年3月31日

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「四谷」

現町名:新宿区四谷三栄町

概要:幕末までは「四谷御簞笥町」といった。1591(天正19)年、徳川家康が鷹狩りの際、鉄炮玉薬組に屋敷地を与えたことに起こり、のち拝領地の一部が上地となり、残地が1685(貞享2)年に町屋として起立。『角川日本地名大辞典』には「町名の由来は未詳」とあるが、武器のことを「箪笥」という。俚俗に町内表町通を「中御簞笥町」、裏町通を「裏御簞笥町」と称す。化政期(1804~1830年)の家数320軒、町屋敷拝領者は220人、うち鉄炮玉薬同心は相対替・役替等により、船場・服部・岩田の3氏のみで、他は小普請・富士見宝蔵番士・細工所同心等(備考・町方書上)。

前身の四谷御簞笥町として、慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。その際、「御」の字を取る。1872(明治5)年の戸数278・人口1,151(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府四谷区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市四谷区に所属。1943(昭和18)年4月1日、北伊賀町新堀江町と合併して三栄町を起立し消滅。

2018(平成30)年8月13日、住居表示の実施に伴い、三栄町は「四谷」の冠称を付した。

撮影場所:四谷簞笥町

撮影地:新宿区四谷三栄町6番地12号(まいばすけっと新宿三栄町店)

←003四谷塩町 005四谷坂町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿