【四谷①014】四谷寺町

町番号:四谷①014

町名:四谷寺町

読み方:よつやてらまち Yotsuya-Teramachi

区分:俗称→町丁

起立:江戸期

廃止:1943(昭和18)年3月31日

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「四谷」

現町名:新宿区若葉二丁目

概要:古くは豊島郡山中領又は山中荘と称したが、江戸初期に桜川に架かる鮫河橋に至る通りで東西に2分、東側を1634(寛永11)年、江戸城の外郭造営のために収公された麹町(現・千代田区)の愛梁院、西念寺、東福院、安楽寺等、7寺院の代地として給し、俗に「四谷寺町」と称した(西側は鮫河橋谷町を起立)。

1872(明治5)年、眞英寺、東福院、愛染院、蓮乗院、眞成院、信壽院、西念寺、武家地を併せて正式に起立。同年の戸数56・人口164(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府四谷区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市四谷区に所属。

1943(昭和18)年4月1日、鮫河橋谷町二丁目と合併し、若葉二丁目に編入となり消滅。

※『角川日本地名大辞典』には「昭和18年鮫河橋2丁目と合併」とあるが、「鮫河橋」という町丁はない。

撮影場所:四谷寺町

撮影地:新宿区若葉二丁目8番3号(愛染院)

←013四谷仲町 015四谷南寺町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:品川歩行新宿