【牛込①026】牛込白銀町

町番号:牛込①026

町名:牛込白銀町

読み方:うしごめしろがねちょう Ushigome-Shiroganechō

区分:町丁

起立:慶長年間(1596~1615年)

廃止:江戸期

復活:江戸期

廃止:存続

冠称:1911(明治44)年4月30日まで「牛込」

現町名:新宿区白銀町

概要:古くは豊島郡野方領牛込村に属し、慶長年間(1596~1615年)に江戸城修築の際、田安の貧民を移して開創、芝白金の白金長者に肖るべく「牛込白銀町」と称した。その後、武家地となったが、後に再び町屋となった。1828(文政11)年の家数113軒(町方書上)。嘗て町内東部の横町を俗に「和泉屋横町」又は「和泉横町」といった。

慶応4年5月12日(1868年7月1日)、江戸府に所属。慶応4年7月17日(1868年9月3日)、東京府に所属。1872(明治5)年、常陸松岡藩中山氏抱屋敷、近隣の武家地を併合。同年の戸数136・人口478(府志料)。

1878(明治11)年11月2日、東京府牛込区に所属。1889(明治22)年5月1日、東京府東京市牛込区に所属。1943(昭和18)年7月1日、東京都牛込区に所属。1947(昭和22)年3月15日、東京都新宿区に所属。

1988(昭和63)年2月15日、住居表示の実施により、白銀町の大部分と、神楽坂五丁目の一部、東五軒町(道路のみ)、赤城元町(道路のみ)、神楽坂六丁目(道路のみ)の各一部を併せて、現行の「白銀町」とした。なお、12〜18番地、25・26番地は住居表示未実施である。常陸松岡藩中山氏抱屋敷跡地は新宿区立白銀公園となっている。

撮影場所:牛込白銀町

撮影地:新宿区白銀町3番(新宿区立白銀公園)

←025牛込赤城下町 027牛込築地町

江戸町巡り

落語や時代劇、近代文学の愛好家諸氏、 江戸の町を散歩してみませんか? 表紙:市ヶ谷田町下二丁目